本文へジャンプ

ホーム > 会社案内 > 沿革

沿革

弊社は、創業以来絶えることなく社会とともに歩んできました。
戦後の復興期には、育ち盛りの子供たちに楽しい、心あたたまる給食のための食器を提供しました。
経済興隆期には、過大なストレスに疲れた人々を癒す病院や老人保健施設の食器を、そして高齢化社会
の到来を迎えた現在、誰にでも優しいユニバーサルデザインの食器を送り出しています。

これからの日本のみならず世界が取組まねばならないテーマは、地球温暖化の阻止、掛け替えのない地球環境を守ることです。
弊社は、食器の世界で貢献したいと強く希求しています。既に、2005年3月から9月まで開催された「愛・地球博」のレストランコーナーでは、弊社のバイオマスプラスチック食器がリターナブル食器として使用され好評を博しました。また、2009年より経済産業省が主幹の取組みであるカーボンフットプリント制度試行事業に積極的に参画しました。

今後も給食食器の製造を通じて、循環型社会を構築し、環境にやさしい商品の提供につとめてまいります。

1956年 6月9日、合成樹脂原料工業薬品及び各種合成樹脂製品の製造販売を目的として、資本金100万円で設立
1960年 資本金500万円に増資
1961年 ポリエチレン製フロートを発売
1962年 資本金1000万円に増資
東京工場操業開始
ポリプロピレン製給食用食器を発売
1963年 資本金5000万円に増資
1964年 資本金1億円に増資
1967年 ポリプロピレン製「ランチ皿」を発売
ABS製「フロート」ポリエチレン製「大型フロート」を発売
1969年 千葉工場(成田市)操業開始
1971年 千葉工場を拡張し、東京工場を閉鎖
1972年 ポリプロピレン製「カラー食器」を発売
1977年 FRP製「エスタートレイ」を発売
1982年 陶磁器風質感のメラミン製食器を発売
1986年 あたたかい食事を楽しめる、初めての適時適温給食用保温食器「アーカディア」、同カート「アーカディアディスペンサー」を発売
1988年 千葉工場がJIS認可を取得
強化磁器「パワーセラ」を発売
1989年 適温食器用ホットプレートシステムを発売
1990年 ポリカーボネート製食器「ランチトゥディ」を発売
1992年 強化ナイロン製「アミハード箸」を発売
1993年 強化磁器「有田焼」を発売
1994年 千葉工場新建屋竣工
適温給食用食器「アーカディア漆器」を発売
1995年 断熱材使用の宅配容器「ファミリーズ」を発売
1996年 あらゆる人が食事を楽しめるよう自助食器スプーン・フォークを発売
1997年 ランチルーム用適温給食搬送機器「サーモスカート」を発売
1998年 よりいっそう安全で使い易いポリプロピレン製食器「ウィンサム」を開発・発売
食器かご「SKラック」を発売
1999年 千葉工場内にテストキッチンを設置して、クックチル用の食器開発、調理のレシピ作成に活用
事業拡大のためエレナ工業からのフォイル、キャラクター事業を継承
宅配容器「グルメ御膳」を発売
2001年 安全で着色しない新素材ポリエチレンナフタレート製食器「エポカル」を発売
保温食器「サーモス・アーカディア」を発売
2002年 ヤマト化工株式会社が筆頭株主になる
2003年 バイオマス・プラスチック製の食器を開発、農林水産省食堂にて試験使用開始
陶器調漆器「楽」を発売
耐熱性に優れた食器「ハイパークリスタル」を発売
2004年 グループの持株会社として株式会社アクティスが設立。筆頭株主になる
環境に優しい再生原料のポリプロピレン製「パブリックトレイ」(エコマーク認定商品)を発売
2005年 3月から9月まで愛知県で開催された「愛・地球博」のレストランコーナーで、バイオマス・プラスチック製食器がリターナブル食器として採用、使用
新倉庫(成田市)竣工、稼動を開始
11月 環境マネジメントシステムの国際規格ISO14001を千葉工場にて認証取得
エポカルをさらに使いやすく改良した食器「E-エポカル」を発売
衝撃に強く耐熱性の高い超耐熱ABS製「ABSトレイ」を発売
超耐熱ABS製「弁当箱シリーズ」を発売
超耐熱メラミン製食器を発売
2006年 創立50周年を迎える
やわらかい素材のエラストマーを使った特殊機能性食器「でんでん」を発売
2007年 第1回キッズデザイン賞コミュニケーションデザイン部門「われたらぱずる」入賞
バイオマスプラスチック製食器「コーンは~と」を発売
ポリカーボネート製のガラス調食器「スプラッシュ」を発売
2008年 R-PBT製「パブリック箸」(ペットボトルからのケミカルリサイクル品)を発売
かつてない強度を実現した構造強化磁器「セラクレス」を発売
強化磁器「繕い」プロジェクト、2008年度グッドデザイン賞受賞
第2回キッズデザイン賞入賞
2009年 3月 品質管理・保証の国際規格ISO9001を千葉工場にて認証取得
2010年 カーボンフットプリント(CFP、CO2排出量表示)弊社15アイテムの認証を業界内初取得
「1回使用あたり」排出量表示をCFP試行事業として初実施
2011年 第8回LCA日本フォーラム表彰の奨励賞を受賞
熱風再加熱カート対応食器「ほっと倶楽部」を発売
オリジナルシリコン商品を発売
2012年 E-エポカル全製品においてCO2排出量を表示(CFPシステム認証による)
第14回グリーン購入大賞 優秀賞受賞
2013年 本社ショールームオープン
2014年 千葉第二工場を拡張
絵柄のスケールアップを実現したE-エポカルDXを発売
社員食堂向け新シリーズ「グラシア」を発売

ページの上部へ