本文へジャンプ

ホーム > 用語集 > は行 > ポリプロピレン(PP)

よくあるご質問

ポリプロピレン(PP)

石油から分離精製されるプロピレンというガスを原料とする熱可塑性樹脂です。1954年、イタリアのナッタ博士により発明され、日本での工業化は1962年です。ポリエチレン、ポリ塩化ビニル、ポリスチレンと並び、4大汎用樹脂(日常的に使用されるプラスチック)の一つです。
ポリプロピレンの特色は、耐熱温度が高くしかも比重が0.90?0.91と軽いことです。また、他のプラスチックとのブレンド、無機系の充填剤との混合などで、比重、剛性、耐衝撃性などを改良して幅広分野に利用されています。

PP

ページの上部へ