ユニバーサルシリーズ 仕切皿

新商品のチラシはこちらからダウンロードが可能です。

2021_universal02.jpg

摂食機能療法学のノウハウを取り入れ「よりすくいやすく」「より食べやすく」
介護施設との共同開発で、新しい仕切皿が生まれました。

2021_universal04a.jpg

いろは(IRH)…鮮やかな配色が、食事を優しく彩ります。
岐穂(KIH)…和モダンの石調デザインで、大きな3つのドットが「すくう動作」を誘導するように描かれています。
小豆梨地(ANJ)…和風なあずき色と流れるような模様は、その効果で料理を分かりやすくします。

ユニバーサルシリーズ 仕切皿の特長

1.ワンプレートという選択肢
2021_universal05a.jpg
運動機能低下で置かれた皿に手が届かない、認知機能低下で一つのものを集中的に食べてしまう等、皿・小鉢での配膳における課題を、ワンプレート化で解決します。

2.すくうことを誘導する絵柄
2021_universal06a.jpg
大きな3つのドットが三角形を形成。
目印効果で、すくう方向へと動作を誘導します。センターのドットを強調し、器のセット方向を分かりやすくしました。

3.片手でもすくいやすい
2021_universal07a.jpg
「すくう動作」がスムーズにできるように浅く広いかたちで、側面に「返し」がついています。
フチは手を添えて支えることを促し、お料理のこぼれ落ちを軽減するよう傾斜がついています。

4.食器底部にすべり止め加工
2021_universal08a.jpg
ブルーのすべり止めゴムは万一外れても目立ちやすく、誤食・誤飲を防ぎます。

5.料理が見やすい
2021_universal09a.jpg
色つきの商品は、色の効果で料理を分かりやすくします。

新商品のチラシはこちらからダウンロードが可能です。

ご相談はお近くの営業所までお気軽にお電話ください

おすすめコンテンツ