CSR活動 – フードバンクへの防災用非常食寄付

当社では、震災などの有事に備え、各拠点に従業員向けの防災用非常食を保管しております。今回、賞味期限到来を迎える防災用非常食の一部入替に伴い、保管していた340食分のアルファ―米を食糧支援団体であるセカンドハーベスト・ジャパン様へ寄付いたしました。

 

※日本初のフードバンクであるセカンドハーベスト・ジャパン様は、『すべての人に食べ物を』という理念のもと、企業や個人から様々な要因で余剰となった食品の寄贈を、施設・フードパントリや個人の方々に無償で再配布し、誰もが食に関して心配することなく安心して毎日を過ごすことができるよう、フードセイフティネットの構築を目指されています。

当社では、今後も寄付活動を通してSDGsの目標達成に貢献してまいります。

 
 

画像:フードバンク_寄付受領証明書

 
 

おすすめコンテンツ