熱硬化性樹脂

熱と圧力を加えて成形すると、いったん軟らかくなり流動し、そのまま加熱を続けると化学反応(硬化)が進み硬くなって製品が出来ます。一度成形したものは、再び加熱しても溶融することはありません。メラミン樹脂、フェノール樹脂など。

おすすめコンテンツ