磁器

陶石(とうせき)を主原料とし、白色でわずかに透光性があり、吸水性の無い焼き物で、石物(いしもの)とも呼ばれます。陶器よりも高い1300℃前後で焼成され、吸水性の無いうえに釉薬をかけているので、長く使っても汚れや臭いがつき難く陶器よりも硬くて耐久性があります。

おすすめコンテンツ