陶器

主原料は粘土です。素焼きした素地に釉薬を施し、磁器よりも低い1100℃から1200℃で焼かれ、不透光性で、ぬくもりのある器です。全国各地で焼かれ、それぞれの地域で特徴のある手法により作られています。

おすすめコンテンツ