PEN食器「E-エポカル」

世界で初めてPEN樹脂(ポリエチレンナフタレート)を採用した食器です。各種ボトル・ジャム容器・ゼリー容器・化粧品容器などに利用され、リサイクルも可能な材質です。

E-エポカル

写真:E-エポカル
E-エポカル

安全性を徹底的に追求して開発された「E-エポカル」は、給食用食器として当社が初めてPEN樹脂(ポリエチレンナフタレート)を採用した食器です。
プラスチック製食器で問題になりがちな食品からの着色汚れに抜群に強く、食材成分や酸・アルカリにも侵されません。また、プラスチック製食器の「傷つきやすい」という弱点を、シボ加工(特殊な凹凸加工)を施すことで克服しました。

PEN食器の特長

安心して使える安全な食器です

添加物を使用しておらず、水や油に溶け出す物質もありません。
また、耐熱補強材においても、環境ホルモン等、安全性の疑われている材質を一切使用していません。

耐熱性に優れています

熱風保管庫で安心してお使いいただける優れた耐熱性があり、熱による変形が起こりません。

次亜鉛素酸ナトリウム(塩素系漂白剤)の消毒が可能です

ノロウイルスを完全に失活化することができます。

食材による着色汚れがありません

人参おろし・生姜おろしだけでなく、問題になりがちなトマトケチャップ・カレー・スイカなどによる着色がありません。

洗浄性に優れています

水に沈み浸漬洗浄性がよく、また寸法安定性が良いので自動供給装置に適しています。
シボも汚れ落ちの良い大きさを採用しました。

耐薬品性に優れています

酸・アルカリ・油・リモネン(柑橘類の皮に含まれる成分)などで侵されません

リサイクルできます

これからの環境にも配慮したリサイクル可能な材質です。
エコ食器「パブリックシリーズ」の一部は、PEN樹脂食器の再生原料を使用しています。

高い安全性

衛生試験に合格した安全性の高い商品です。

(左)JCII食品接触材料安全センター 自主基準の確認証明書
(右)食品衛生法第370号による試験検査成績書

絵柄のはがれや脱色の心配はありません

絵柄は「ウィンサム」同様に、二重成形(二層構造)の樹脂と樹脂の間に印刷するサンドイッチ構造になっています。
そのため、箸やスプーン、洗浄によるはがれや脱色がなく美しさを長く保ちます。
また、盛り付けた食品が直接インクと接触することもありません。

多くの小学校・中学校で使われています

三信化工は2001年、世界で初めてPEN樹脂を採用した給食用食器「エポカル」を発売いたしました。そして2005年、キズがつきにくいラクシボ(PAT No.4683413)を採用した「E-エポカル」を発売しました。発売以来、20年もの間、多くの小中学校で評価され続けている食器です。

PEN食器 E-エポカル オリジナル柄(特注品)

市町村・給食センター・各施設などのオリジナルの絵柄を食器にデザインします。
生産・デザイン上の制約がありますので、ご検討の際は最寄の営業所迄お問い合わせください。

ご相談はお近くの営業所まで
お気軽にお電話ください

おすすめコンテンツ