製造の流れ(成田工場)

2005年に、給食用食器業界で初めて ISO14001<環境マネジメントシステム規格>の認証を取得した成田工場。
このページでは、成田工場の学校給食向け食器の製造の流れをご紹介いたします。

1.原料


原料は、成形しやすいよう粒状にしたもの(原料ペレット)を使用します。

2.原料タンク


原料タンクです。各成形機に原料が送られていきます。

3.一次成形(射出成形機)


射出成形機で食器を成形します。

4.一次成形完成品


透明な一次成形品(食器の内側部分)を作ります。

5.印刷


一次成形品(食器の内側部分)の外側に絵柄を印刷します。

6.印刷完成品


絵柄が印刷された一次成形品(食器の内側部分)が出来ました。

7.二次成形(射出成形機)


絵柄が印刷された一次成形品を金型にセットして、食器外側の二次成形を行います。

8.二次成形完成品


絵柄付き食器が完成しました。

9.検査


出来上がった食器の検査(寸法重量外観等)を行います。

10.保管・配送


商品を物流倉庫内に保管し、全国に配送します。

成田工場・成田第二工場

〒286-0804 成田市長沼1558
TEL : 0476(37)1111 / FAX : 0476(37)1115

主力生産品

成田工場では、主に業務用プラスチック製食器類を生産しています。

環境にやさしい食器PEN食器「E-エポカル」ポリプロ食器保温食器「アーカディア」、保温宅配ボックス、加飾フォイル(メラミン食器用)

おすすめコンテンツ