本文へジャンプ

ホーム > 会社案内

会社案内 - 代表挨拶

代表挨拶

 弊社ホームページをご覧いただき、誠にありがとうございます。

 半世紀にわたる信頼のトップブランド「三信化工」は、樹脂を中心とする業務用食器のトップメーカーとして、我が国の業務用給食(学校、病院、老人福祉施設、社員食堂等)を支えながら、その歴史とともに歩んでまいりました。

 現在、私達を取り巻く社会は、環境、食料、高齢化社会などの諸問題に直面しておりますが、食器もまた、「地球に優しく」、「人に優しい」ものに進化していかなければならないと考えております。それと同時に、食器には日本古来の食文化に根ざした機能性や美感覚が込められており、それらは伝統として大切に守り磨いていかなければなりません。

 そうした社会性を持った食器をご提供するに当たり、弊社としては、「お客様の満足を追求すること」が事業における全ての基本と考えております。そして、お客様が望まれる食器を確かにお届けし長年ご使用いただくために、弊社としては幾つかの自力強化に社員一丸となって努めております。
 その一つは「商品力」です。商品には、数年間にわたる繰り返しの使用に耐える「丈夫さ」とともに、ご使用される方にとっては大切な「きれいさ」や「使い易さ」等といった特性も求められ、そうした機能を兼ね備えた多種多様な食器を常に備えご提供するために、商品を改良・開発し品揃えを強化する力が重要になります。また、「情報力・サービス力」があります。業務用食器ではお客様でのご使用方法も商品特性に影響を及ぼすため、ご購入後の取扱いやメンテナンスについて十分なアフターケアが欠かせません。そうした商品に関する多面的な情報の提供や提案する力、さらにご購入後の木目細かなアフターケア等の一連のサービス力によって、食器はお客様に満足してご使用いただけることになります。そして「営業力」が挙げられます。既述した力も、お客様との信頼関係に基づくコミュニケーションがあってこそ初めて成り立つもので、弊社のインターフェースとしての営業力がその真価を問われることになります。

 弊社は、こうした諸点を一層強化しながら、また、世の中の動向やお客様のご要望の変化にも常に柔軟に対応しつつ、今後とも「食」と「健康」に「楽しみ」を提供する食文化の担い手として、広く大勢の老若男女の皆さんにご愛顧をいただく、社会に貢献する企業であり続けたいと思っております。


代表取締役社長 榊 守雄



ページの上部へ